営業本部
西日本セールスチーム
マネージャー

2010年大学を卒業後、メーカーを中心に幅広く営業職を経験。2021年3月に大阪営業チームの立上げメンバーとしてスリーアップに入社。現在は大阪以西の西日本のお取引先様との関係構築、新規開拓に尽力している。過去には単身赴任の経験もあり、オフの時間は家族との時間を一番大事にしている。休日に子供と一緒に遊びリフレッシュする事で仕事への英気を養っている。

会社からの期待を超える営業

会社の中長期目標で掲げている「2028年100人100億」の目標達成に向けて、西日本エリアのシェア拡大は必須です。その中心を担う西日本チームの立上げということもあり、自分に何が出来るか何度も問いかけて入社を決めました。入社がちょうど商品の提案時期だったこともあり、今までの経験を活かした新しい視点での提案は取引先様から高評価をいただくことにつながりました。 スリーアップはまだ成長中の会社です。だからこそ新しい提案を受け入れ、認めてくれる社風があります。会社を成長させるためにも馴れ合いを求めず、時には厳しさが必要な場面も出てくると思います。そんな時でも本気で良い会社にしていこうというマインドを忘れずに、今後も課題と感じたことには積極的に声を上げ、社内で連携をとりながら解決策を共に考え実行していきます。今後の目標として、より多くのお客様にスリーアップというブランドを知ってもらいたいと思います。そのためにも営業メンバーとして1つでも多くの商品をお店に並べ、スリーアップの魅力を広げていきたいです。

自分たちの力で環境をつくっていく

スリーアップは成長の過程にある会社です。大きな会社のようにルールやフォーマット、リソースの全てが用意されている環境ではありません。1つの部署で解決できない問題や組織として取り組む課題が出てきた時には、どのような仕組みやルールがあれば解決できるのかを部署を越えたメンバーが集まり話し合って決めていきます。よくアットホームな社風だと表現されることがありますが、決してぬるま湯の中で業務をしているわけではありません。それぞれが目標や使命を持って働いています。私自身も営業職というところで特に売り上げや利益の拡大に意識を高く持っています。自分の業務に向き合う中で課題が見つかれば、周りに相談し意見を言い合いながら改善に努める。このような環境がスリーアップの成長を支える1つの理由だと思っています。

営業チームの躍進

入社前の面接で社長から今後のビジョンや求められる役割について話があり、その考え方や将来性に魅力を感じました。実際入社して働く中で自分がスリーアップの転換期に立ち会えていることを強く実感しています。スリーアップは設立以来順調な売上実績を残してきましたが、このタイミングで営業チームは大きく変わろうとしています。過去の手法にとらわれることなく、お客様のニーズに合った情報提供や提案ができるよう製品勉強会や定例会議を開催しています。西日本チームでは大阪以外の西日本全域の取引先様との関係づくりに注力しつつ、新しく開設された福岡オフィスでの九州エリアのシェア拡大にも尽力していこうとしています。入社を決めたところの会社のビジョン実現のため率先垂範で営業メンバーを引っ張っていく存在になっていきたいです。